薬膳・気功・漢方・指ヨガをNHKカルチャー教室等で講座開講中!

縁トラディショナルライフスクール

薬膳・漢方

現在の薬の大部分は“食べ物”に由来
食育界や栄養界でも、薬膳を習得すべきとする意見が強い
「食べ物それぞれが持つ特性、薬性、即ちクスリの原点となる考え方です。これは「中医営養学」即ち “薬膳”

食べるという事は私たちの心身を含むカラダ・生命の維持に必須の要件です。又、食べ物は“人に良い”物をさし、食べ物である以上どんなものでも人に良いはずです。しかし、何故、『病は口から』と言うのでしょうか。 “食べる”を考える上で、「食べられるもの」と 「食べるもの」の違いを認識することが忘れられている今の食生活を考えることが必須であると考えます。

現在私たちが使っている薬の大部分は“食べ物”に由来しています。食べ物にはそれぞれの薬効や体内での働きに特徴を持ちます。その薬効の強い物はそのまま医薬品としても取り扱われたり、食事では“薬味”として少量が用いられます。即ち、“用い方”が重要なポイントになります。つまり“食べ方”と言う事です。このことが上述の『病は口から』の答えになります。

“食べ方”の学問にも大きく二つの考え方があります。  一つは現在主流として使われているのが食べ物が持つ“カロリーと含有する栄養素成分”で論じるのが現代医栄養学です。もう一つは、食べ物それぞれが持つ特性、薬性、即ちクスリの原点となる考え方です。これは「中医営養学」即ち “薬膳”です。  この「中医営養学」に基づく食べ方を“膳”の食べ方と言います。即ち、カラダに良い食べ方と言う事になります。私たち日本人は日常の食事において、それとは知らずに薬味や配膳をしています。

最も完成された医学と言われる漢方は、何らかの方法で世界の3人に2人が活用。
欧米を中心に大きく発展し、本家の日本ではその活用が大きく遅れています。
漢方”は最も完成度が高いといわれる「中国伝統医学」を源流として発達した医学

“漢方”は最も完成度が高いといわれる「中国伝統医学」(近年は中医学Chinese Medicineと呼ばれる)を源流として発達した医学を指します。何千億人と言う人々に使われながら改良が加えられてきました。いわば何千億人の臨床経験が積まれてきたという事が言えます。
外からの原因による病”(ウイルスや外傷等)には極めて有効な近代医学に対して“、漢方は“内から生じた病”(いわゆる生活習慣病など)にその有効性が認められています。
それぞれの長所を活かした今後の医学の発展を願うばかりです。
また、薬草の持つ特性はその香気や味、色彩等々が加味されて一層の効果を表現できるものです。

社団法人 日本・中医保健医学会認定 中医薬膳特任教授

社団法人 日本・中医保健医学会認定
中医薬膳特任教授の認定証を学会理事長の西川 修先生より授与していただきました。

日本人唯一の中華名医 西川 修先生に師事し、社団法人 日本・中医保健医学会認定講師として中医学(薬膳・漢方・気功)を講座・講演・セミナー等で教壇にたっております。
中医学との出会いは、まさに必然というべきタイミングでやってきました。主人の膀胱がんが発覚し、ガンという病とどう向き合っていくのか?を模索したいたころでした。この中医学(師:西川 修先生)こそが、私が求めていたものだったのです。
もっとも完成された医学でもあり、もっとも生活に準じた真っ当な哲学でもあると思っています。

社団法人 日本・中医保健医学会ホームページ>>

講座・講演・セミナー・コラム執筆等 ご依頼承ります。
講座・講演・セミナー・コラム執筆等 ご依頼承ります。